MENU

各施設からのお知らせ

千里中央
ウィステリアまでのご案内

2018.08.30

ウィステリアまでのご案内

 

ウィステリア千里中央は、日本最初の本格的ニュータウンとして知られる

千里ニュータウンにあります。千里ニュータウンは、イギリスのマークニュータウンをモデルに

「近隣住区理論」に基づいて開発され、計画的な町づくりがなされました。

大阪府の北西部にある吹田市と豊中市にまたがる千里丘陵にあり、

1,160ヘクタール(阪神甲子園球場の約300)の広大な面積の約21%が

公園や緑地になっているのが特徴です。

1970年のEXPO70(通称:大阪万博)をきかっけに、世界的にも有名になり、

大阪空港や梅田に行くのに便利な北大阪急行千里中央駅、大阪大学吹田キャンパス、

国立民族学博物館、万博記念公園と、交通アクセスの利便性はもとより、

日常生活を豊かにするショッピング街、文化施設、医療・福祉施設が整備されています。

北大阪急行千里中央駅は、2020年に箕面方面に延伸する予定で、ますます利便性がよくなります。

 

今回は、千里中央駅からウィステリアまでの道順をご案内します。

 

北大阪急行(大阪メトロ)の南改札口から上がってくると

『せんちゅうパル』の南広場に出てきます。(http://www.senrichuou.com/

南北に広がる「せんちゅうパル」の広場には、ヤマダ電機・千里大丸プラザ

・千里阪急・マクドナルド・ダイソーなど沢山のお店が並んでいます。

そのまま『大阪モノレール』の改札に行くこともできます。

南広場から新千里西町方面に10段ほどの階段を上がると約3年前にOPENした

複合施設『SENRITOよみうり』(http://senrito.jp/)があります。

  

北側デッキ通称:煉瓦通りは、ガラスのひさしが日差しを遮り、壁面を覆う緑に

涼を感じることができます。

中央の植栽にはベンチがあり、憩いの場に最適です。

建物を左に見ながら道なりに進むと、遊歩道に続く歩道橋に出ます。

現在、防風パネルと屋根をとりつける設置工事中です。

遊歩道の木陰を森林浴をしながらすすむと

左に豊中消防署が見えます。

この日は、はしご車の点検でしょうか?

消防署を右に見ながら少し歩くと、ウィステリアの建物が見えてきます。

建物正面に向かって左側通路突き当たりに、ウィステリアの入口があります。

ウィステリアが立つこの西町は緑も多く残り、高層ビルが並ぶ駅前とは

また違う千里中央の一面を見ることができます。

 

周辺の散策をかねて、ぜひお越しください。

 

(J..記)